アブノーマルの極み。駕籠真太郎 先生についてまとめてみた。

駕籠真太郎 という漫画家をご存知でしょうか。
独特、アブノーマルな世界観を放つ 駕籠真太郎 先生について調べてみました。

スポンサーリンク

駕籠真太郎

デビューは1988年。ふゅーじょんぷろだくと発行のCOMIC BOXにてデビューを果たしました。
奇想漫画家を自称しているとのこと。
描くイラストは、カラフルな色彩に似合わないグロテスクさが特徴です。

奇想漫画家を自称しており、エロ、グロテスク、猟奇、スカトロ、ホラーといったサブジャンルに留まらず、人間という存在を弄り倒す人体改造や人体破壊をネタに狂気的な世界を描いている。

Wikipedia/駕籠真太郎

駕籠真太郎 先生のイラスト

駕籠真太郎 先生といえば、美しい配色とグロテスクさだと思っています。
そこで、駕籠真太郎先生の作品をいくつかご紹介します。
Alice's amusement park
引用元:印度乱数/Alice’s amusement park

駕籠真太郎画集 Panna cotta
引用元:Amazon/駕籠真太郎画集 Panna cotta

駕籠真太郎画集 Panna cotta
引用元:Amazon/駕籠真太郎画集 Panna cotta

アックスについて

今現在、 駕籠真太郎 先生はアックスという雑誌で活動しています。
アックスは、青林工藝舎が刊行している漫画雑誌です。

ガロ系という言葉を聞いたことがあるでしょうか。
Wikipedia によると、「『月刊漫画ガロ』の事実上後継誌に相当する。」とのこと。

アックスのバックナンバーはこちらです。

その他

駕籠真太郎 先生のブログや公式ページはこちらとなっております。
公式ページ : 印度で乱数
ブログ(しかし、更新は2011年で止まっているようです。):おぼろ駕籠
Twitter : 駕籠真太郎先生のTwitter

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする